基本的にすべての通販サイトには必ず「返品規約」というものが存在します。「このような理由で返品する場合はこうしてください」という決まりです。通販サイトを見ているとたまにありませんか?文字が多く並び、読むことが難しそうなあの文章がまさに「返品規約」です。購入した時点でこの規約を認可しました、という契約を結ぶことになります。返品には手間もかかるためなるべく知識があるとスムーズにいけるので、スポーツウェアを返品する際に、気を付けたいことなども含めてご紹介したいと思います。

スポーツウェア購入後に気を付けたいこと

スポーツウェアといってもさまざまな種類がありますが、大まかにいうと衣料品です。衣料品は、まず商品が届いてもすぐには開封しないでください。開けてしまうと返品できないショップもあるので要注意です。届いたらまず、サイズやカラー、商品名やショップ名が正しいか確かめます。正しいのを確認したら、開封します。ここで開封しても、最初の確認で不備がなければ、お店側のミスという事になります。それから、体に当ててサイズや丈などを確認してください。そでは通さないようにするのが重要です。タグやパッケージは絶対に切らず、破損しないように保存しておく事をおすすめします。洗濯も絶対にNGです。これらを守れば返品対応してくれるので、しっかり守りましょう。

返品にかかる手間

返品には手間がかかります。まずは購入店へ返品の連絡を取る必要があります。それから、サイズが合わないなどの「返品したい理由」、開封後か開封前かの「商品の現状」、郵便局や宅配サービスなどを調べる必要がある「発送方法」口座情報などの「返金手続き」を担当者と話し合い、それからお店の指示に従って商品を返品します。返品規約があるため勝手に商品を送り返すのはNGです。発送方法としては、特に指定がない場合は、追跡機能がついている発送方法があるのでそちらを選択すると良いでしょう。メール便や郵便などは料金も格安ですが、商品の追跡機能が出来ないので、配達中に商品が紛失してしまったりした場合、損失は送り主が負担しなければならないケースも起こりかねないので、ゆうパックや宅配便がおすすめです。料金を安く抑えたいのであればレターパックもあります。

まとめ

スポーツウェアはいまやネットで簡単に買える時代です。購入した際にはこういった事も注意し、返品する場合は手間も含めてスムーズにいくよう参考にして頂きたいと思います。

Follow me!

Similar Posts