ショップやネット通販で購入した商品について、思ったものと違ったなどの理由で返品を希望する場合、どういった対処方法があるか、ネットで調べてみたところ、検索結果のほとんどが「アマゾン返品受付センター」という結果が出てきます。受付センターについて物凄く興味を持ちましたので、アマゾン返品受付センターがどのようなサービスなのかについて述べていきます。

アマゾン返品受付の流れについて

はじめに購入した商品返品受付について、30日以内の返品かつお客様都合の返金なのか、もしくは、トラブルや不具合による返品なのかで条件が異なります。①お客様都合の返金の場合、未使用かつ未開封であれば全額返金となり、開封済みの場合は50%の返金対応となる。②トラブルや不具合による返品の場合、商品代金、配送料・手数料およびギフトラッピング料を全額返金または同一商品と交換となります。ここまでは、返品対応については他社通販サイトと同じような内容となるが、アマゾンにかんしては、先ほど述べた条件が満たしていれば、アマゾンのマイページへログインいただければネット上から手続きが可能になります。

返品受付センターには電話窓口が存在する。

アマゾンのホームページ内でも解決できないときに備え、どうしても解決しない場合はサポート窓口担当と直接電話でのやり取りが可能となります。電話でやり取りを終えると提携配送業者の集荷担当が自宅に訪問し商品を受け取ってもらうことができ、商品の代金については2~3日を目安に返金されるが、基本的にアマゾンのギフト券として返金となるが、希望があれば口座へ返金も可能となる。

まとめ

ネット通販の誕生と普及により、返品対応受付センターの存在はこれからのネットショッピングおける革新的な サービスと感じております。数年後には、アマゾンの返品受付センターが今後導入を検討している企業の参考モデルとなっており、現に電話対応のほかにチャットサポートと呼ばれるカスタマーサポ―トツールも普及しつつありますし、これからは「品質」がテーマとなって顧客満足を追求することがどの業界においても必要となってきます。そんな状況の中で、ネット通販はユーザ自身で商品を選択し、ユーザ自身で決済方法を決め、ユーザ自身で利用するという一連の流れが既に確立していますが、これからは購入後の顧客満足を追求する為、アマゾン以外の企業も返品受付センターのようなサービスを導入し、それが当たり前になる日はそう遠くないでしょう。本文に記載した内容はアマゾン返品受付内容を抜粋して記載している為、そのほか細かい点については公式サイトをご覧ください。

Follow me!

Similar Posts